人間科学研究科 臨床心理学専攻

修士課程 修了要件

1.学生は、2年以上在学して、学則において定められた授業科目を36単位以上修得し、かつ修士論文を提出し、審査に合格すること。

2.学生は、 入学時に自己の指導教員を定め、 授業科目の選択、 学位論文の作成、 その他研究全般にわたって、 その指導に従うべきものとする。

3.学生は、 指導教員の特殊研究(演習)8単位及び基礎科目(人間科学特論機烹加碓未鯢修とし、 1・2年次で展開科目の必修科目から16単位、選択科目から10単位以上選択して、 履修・修得しなければならない。

4.修士課程の学位論文を提出しようとする者は、課程修了予定の1年前の学期末までに、指導教員の特殊研究(演習)4単位を含む、 合計16単位以上を修得していなければならない。

5.在学期限の最長は、 4年とする。 ただし、 休学の期間は在学期限に算入しない。

 
授業科目 担当者
人間科学特論I   (オムニバス科目)
人間科学特論II   (オムニバス科目)
臨床心理学特論 臨床心理学演習 教授 医学博士 進藤 啓子
臨床心理学特論   教授   花田 利郎
臨床心理面接特論 臨床心理学演習 教授 医学博士 小林 隆児
臨床心理面接特論   教授 医学博士 進藤 啓子
臨床心理査定演習   准教授 博士(心理学) 井上 久美子
臨床心理査定演習   教授   花田 利郎
臨床心理基礎実習   教授 医学博士 進藤 啓子
臨床心理基礎実習   准教授 博士(心理学) 井上 久美子
臨床心理基礎実習   講師   花田 日登美
臨床心理基礎実習   講師   福永 聡子
臨床心理基礎実習   講師   本田 由布子
臨床心理実習   教授 医学博士 小林 隆児
臨床心理実習   教授   花田 利郎
臨床心理実習   講師   山崎 由紀
臨床心理実習   講師   富永 容子
臨床心理実習   講師   調 恵子
心理統計法特論   准教授 博士(教育学) 安藤 花恵
臨床心理学研究法特論   教授 医学博士 小林 隆児
発達心理学特論   准教授 博士(心理学) 井上 久美子
認知心理学特論   教授 心理学博士 中村 奈良江
社会心理学特論 臨床心理学演習 教授 博士(人間環境学) 柳澤 さおり
家族心理学特論   講師   徳田 智代
臨床心理関連行政論   教授   安部 計彦
精神医学特論   教授 医学博士 小林 隆児
老年心理学特論   講師   針塚 進
障害児(者)心理学特論   教授   花田 利郎
投映法特論   講師   浦田 英範
学校臨床心理学特論   准教授   鹿島 なつめ
 ※オムニバス科目とは、1つの講義科目を複数名の教員が担当する科目(半期完結)です。

大学院 人間科学研究科臨床心理学専攻概要

大学院 人間科学研究科臨床心理学専攻教員一覧

大学院 人間科学研究科臨床心理学専攻履修モデル

大学院 人間科学研究科研究指導計画書

 

このPageTOPへ戻る