アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

【大学院全体】

〔博士前期課程・修士課程〕
 本大学院博士前期課程・修士課程は、ディプロマ・ポリシーを踏まえ、専攻する研究分野を主体的に学修することができる基盤的な能力及び適性を備えている者の入学を求める。

〔博士後期課程〕
 本大学院博士後期課程は、ディプロマ・ポリシーを踏まえ、修士の学位を有する者又はそれと同等の研究実績のある者であって、さらに高度の研究を行い、博士の学位を取得することができる能力及び適性を備えている者の入学を求める。


【法学研究科】

〔博士前期課程〕
 ディプロマ・ポリシーを踏まえ、法学研究科博士前期課程での研究活動に要する基本的素養を有する者であって、研究に対する意識が明確であり、かつ旺盛な知的探求心と、研究対象領域に対する広範な知的関心を有するものの入学を求める。

〔博士後期課程〕
 ディプロマ・ポリシーを踏まえ、修士の学位を有する者又はそれと同等以上の学力のある者であって、法学研究科博士後期課程でのさらなる高度の研究活動に要する素養を有する者で、研究に対する意識が明確であり、かつ旺盛な知的探求心と、研究対象領域に対する広範な知的関心を有するものの入学を求める。


【経営学研究科】

 経営学研究科は、以下のような目的、資質をもつ人を受け入れます。アドミッションポリシーは、博士前期課程と後期課程別に、ディプロマポリシー(特に「修得すべき知識、能力、態度」)及びカリキュラムポリシー(特に「専門部門別及び部門を超えた、講義及び演習形式の教育体系」)とも整合するよう以下のように設定されています。

〔博士前期課程〕
(1)大学院での研究に必要な基本的教養をもって、高い使命感をもつ高度専門職業人を目指す人
(2)現実の産業、企業、ビジネス、経営に関する実践活動を通じて、産業の発展に、更には変わりゆく社会や人々の生活の向上に貢献することが視野にある人
(3)本学商学部卒業者と同程度の知識を有する人。但し、経営学、経営情報学、商学、会計学いずれかの部門の専門的研究に必要な基礎学力・基本知識・資質(即ち、学士課程専門科目群で修得しておくべき基礎的な知識と研究に対する資質)を有すること
(4)入学志願者に求められる上記資質、修得水準の判定は、英語又は専門科目、及び演習志願の専修科目の筆記試験、そして面接試験により、合否判定基準に従って厳格に行う。

〔博士後期課程〕
(1)経営学、経営情報学、商学、会計学いずれかの分野で、博士前期課程レベルより更に高度で専門的な理論や知識を修得したり、創造したりしながら、先進的で総合的な課題に取り組むことのできる人
(2)経営学、経営情報学、商学、会計学の専門的課題に関する研究を通じて、学界そして産業界の発展に、更には変わりゆく社会や人々の生活の向上に貢献することが視野にある人
(3)本学大学院経営学研究科博士前期課程修了者と同程度の知識を有する人。但し、大学院での高度な研究に必要な知的探究心をもち、経営学、経営情報学、商学、会計学いずれかの分野で修士論文等の実績により研究者としての基本能力と応用発展性を有することが示され、更に高い学術的志をもつこと
(4)入学志願者に求められる上記資質、修得水準の判定は、修士論文の審査と口述試問、英語(日本語)及び志願する研究指導の専修科目の筆記試験により、合否判定基準に従って厳格に行う。


【文学研究科英文学専攻】

〔博士前期課程〕
 英文学専攻は本学の建学の精神を理解し、以下に掲げる資質を有する人間を国内外から受け入れる。
(1)英語を中心とする言語の高度の運用能力とその言語の意味と機能に関する広く深い知識の獲得に興味と関心がある者。
(2)英米の歴史、社会、文化及び英米人の人間観や世界観への関心、並びに、言語表象としての文学作品や文化・社会現象に対する学問的研究に興味と関心がある者。
(3)英語を初めとする言語の特性と機能についての学問的研究に興味と関心がある者。
(4)人と人とのコミュニケーションの在り方に関する学問的研究に興味と関心がある者。
(5)所定の入学試験を受け、あらかじめ定められた合格点に達した者。

〔博士後期課程〕
 英文学専攻は本学の建学の精神を理解し、以下に掲げる資質を有する人間を国内外から受け入れる。
(1)高度で専門的な英文学専攻の4専修の研究者を目指すにふさわしい基礎的語学力、文献整理力と分析力、論理的思考力等を有し、それらの資質・能力を示す修士論文や学会発表等の実績を有する者。
(2)研究対象に対する旺盛な探究心と強い意志を有し、良識ある行動のとれる者。
(3)所定の入学試験を受け、あらかじめ定められた合格点に達した者。


【文学研究科フランス文学専攻】

〔博士前期課程〕
(1)フランス語・文化についての基礎的知識をもち、さらに深く言語としてのフランス語、フランス文学・歴史・社会に関わるテクストを追求したい者。
(2)論ずべき問題を設定し、一定の見通しと方法論に基づいてその問題を分析できるようになることに関心がある者。
(3)テクスト(書き言葉、話し言葉)を多様な角度から学問的に読解し、並行してフランス語運用能力を高めたい者。

〔博士後期課程〕
(1)二つのフランス文学専修部門(フランス文学・思想、フランス語学)の高度な研究者を目指すにふさわしい基礎的学力、分析力、論理力を有し、それらの能力を示す修士論文や学会発表などの実績を有する者。
(2)研究対象に対する旺盛な好奇心と強い意思を有し、良識ある行動のとれる者。


【経済学研究科】

 経済学研究科は本学の建学の精神を理解し、以下に掲げる資質を有し、あるいは目標を持った人を国の内外から受け入れる。

〔博士前期課程〕
(1)経済学の研究者あるいは高度の職業人を目指すにふさわしい経済学の理論・知識を身につけるべく、そのために必要な基礎学力及び語学力を有している人。
(2)知的好奇心の旺盛な人で、広く人間社会の諸問題に関心を寄せている人。
(3)社会人としての良識と見識を持つ人。
(4)経済学の理論や知識を持って広く社会に貢献しようとしている人。


〔博士後期課程〕
(1)高度で専門的な経済学の研究者を目指すにふさわしい研究者としての基礎的能力と発展させる可能性を有し、その資質を示す修士論文等の実績のある人。
(2)専門の研究に邁進する強い意志を有し、良識ある行動のとれる人。
(3)学問研究を通じて、人間や社会、世界に貢献することを志す人。


【神学研究科】

〔博士前期課程〕
 神学研究科は、学位授与の方針を踏まえ、本学の建学の精神を理解する以下のような者の入学を受け入れる。
(1)キリスト教界において指導的な役割を果たすことを明確な目標に置く者、および世界の精神文化を学び自らもその形成に参与することを志す者。
(2)「神学」を学び研究するために必要な基本的素養(語学、専攻・専門知識)を有する者。
(3)キリスト教的な倫理を学び、またそれを実践することへの意欲のある者。


〔博士後期課程〕
 神学研究科は、学位授与の方針を踏まえ、本学の建学の精神を理解する以下のような者の入学を受け入れる。
(1)独自の神学研究を推進し、その成果を発表する研究者および専門職を志す者。
(2)神学研究科における研究活動に従事するために必要とされる基礎的な学識(語学、専攻・専門知識)をすでに有しており、その能力を修士論文や学会発表などで示している者。
(3)研究を継続するための強い意欲と、研究者としてなすべきこと、なしてはならないことに関する倫理を有する者。


【人間科学研究科人間科学専攻】

〔博士前期課程〕
 人間科学研究科人間科学専攻の博士前期課程は、ディプロマ・ポリシーを踏まえ、人間科学全般、および各専門分野(教育学、社会福祉学、心理学)を意欲的・主体的に学修することができる基礎的な能力、適性、倫理を有している者の入学を求める。

〔博士後期課程〕
 人間科学研究科人間科学専攻の博士後期課程は、ディプロマ・ポリシーを踏まえ、修士の学位を有する者又はそれと同等の研究実績のある者であって、さらに高度の研究を行い、人間科学の各専門分野(教育学、社会福祉学、心理学)において博士の学位を取得することができる能力、適性、研究倫理を備えている者の入学を求める。


【人間科学研究科臨床心理学専攻】

〔修士課程〕
 本大学院修士課程は、ディプロマ・ポリシーを踏まえ、人間科学研究科臨床心理学専攻を主体的に学修することができる、以下に示す者の入学を求める。
1 医療・保健、教育、福祉などの現場で臨床心理分野の専門職として支援を行うことに強い関心と意欲をもっている人
2 人権意識、対人支援において必要とされる基本的倫理意識(観)を有する人
3 学習能力、心理学および臨床心理学に関する基礎的な知識・技能・リサーチの資質を有する人
4 社会人としての常識、社会的スキル、対人関係能力(良好な人間関係を築き保つ能力)を有する人


【国際文化研究科】

〔博士前期課程〕
 国際文化研究科博士前期課程では以下のような学生の入学を広く求めている。
(1)専門領域および関連する領域についての深い関心と、語学力を含む基礎的な知識を有する者。
(2)グローバルな問題意識を持ち、国際社会での活躍を見すえた研究意欲を持つ者。
(3)日本語による修士論文執筆および研究上の議論を行なう能力を有する者。

〔博士後期課程〕
 国際文化研究科博士後期課程では以下のような学生の入学を広く求めている。
(1)専門領域および関連する領域について、博士前期課程修了を前提とする高度な知識と関心、および外国語能力を有する者。
(2)専門領域の研究論文執筆および研究発表について一定の経験を持ち、学際的視野と研究者としての倫理観を具えている者。
 

このPageTOPへ戻る