西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

Department of Intercultural studies 国際文化学部・国際文化学科

キーワードは、異文化。
グローバルとローカルの時代に必要な多角的な見識を備えるために。

1976年、西南学院大学が日本で初めてとなる国際文化学科を創設しました。当時から現在に至るまで、交通や通信技術は急速に進歩し、現在では自分が暮らしている国や地域以外の文化―異文化―に触れることがよりいっそう増えてきました。しかし、単純な旅行や表面的な体験だけから異文化を深く理解するのは容易なことではありません。国や地域、そこに暮らす人々の歴史とともに根付く固有の文化を理解するには、異文化について積極的に学び知る態度が重要です。
国際文化学科では、異文化を理解するうえで必要な知識を体系的に学びます。実際に異文化に触れることを重視し、コミュニケーションに必要な語学科目も幅広く用意しています。グローバルな視野、及びローカルな視点を養い、国際社会や地域に貢献する人の育成を目指しています。

学科の特色

世界の文化を学ぶための語学科目も充実

国際文化学科では異文化を体系的に学ぶための、語学力を養成しています。英語・中国語・ドイツ語・フランス語・韓国語・イタリア語から2カ国語を重点的に学べます。さらに、スペイン語・ロシア語・タイ語も学ぶことができます。

学生を支援する制度が充実

大学の交換留学制度や語学研修に参加できるほか、学部独自の交流プログラムや研究旅行奨励制度によって、学生の異文化体験の機会を増やしています。

取得資格・進路

取得できる資格

  • 中学校教諭一種(社会)
  • 高等学校教諭一種(地理歴史・公民)
  • 学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 社会調査士

卒業後の進路

教職や博物館学芸員の資格を取ると、中・高の教員、博物館・美術館の学芸員になることができます。そのほかには公務員、マスコミ、旅行会社、金融、商社、航空会社、出版社、情報産業、国際協力機関など、卒業生は幅広い分野で活躍しています。最近では、大学院に進学、海外の大学に留学するなど、研究生活を続ける学生が多くなってきました。