西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

Department of Intercultural studies 国際文化学部・国際文化学科

「異文化」への理解を通して、
グローバルな視野と柔軟な思考力を育てます。

 1976年、西南学院大学が日本で初めて「国際文化学科」を創設しました。その当時は耳にしなかった「グローバリゼーション」という言葉も今では身近になり、日本国内でも様々な異文化に親しむことができるようになりました。しかし、表面的な体験や交流だけでは異文化の本質を理解したとはいえません。国際文化学科では、異文化理解に必要な知識を、「言語」「地域」「文化」という3つの側面から体系的かつ総合的に学ぶことができます。また、言語教育の充実、海外フィールドワークや海外語学研修など体験型学習もサポート。こうした肌で体得する学びがグローバルな視野を養い、柔軟な思考力で問題を解決できる人材を育成します。

こんな人に学んでほしい
  1. 大学での学修に必要な基礎学力を有している者。
  2. 広く文化、社会、歴史について学ぶ積極的な意欲を持ち、その獲得のための基礎知識並びに一定の学力がある者。
  3. 国際的関心を有し、思索に富み、異文化理解に積極的に関わることが出来る者。
  4. 価値観の多様な社会の中にあって将来も自己を失わずに積極的に活躍できる者。

身に付けられる力

  1. 地域と世界、文化と芸術に関する専門知識を修得している。
  2. グローバルな視野を身に付け、かつ主体的に判断し活躍できる。
  1. 地域社会および国際社会において貢献し、現代世界において活躍する事ができる。
  2. 情報社会において適切な情報を処理できる。
学科の特色

ZOOM IN カリキュラム

東アジア文化論

 文化を理解するとき、他の時代や他の文化との比較は欠かせない重要な視点です。本講義では、日・中・韓の文化について、さまざまな角度から比較分析をします。

アメリカ思想文化論

 現代のアメリカの思想で重要な役割を果たしている神学思想や、そのユダヤ・キリスト教思想。また、イギリスの思想も射程に入れて、批判的に評価します。

学科の学び TOPICS

世界の異文化体験を支援する「研究旅行奨励制度」

 世界での異文化体験の機会を学生に提供するため、研究旅行奨励金を支給しています。現地での体験は学生の意識を刺激し、卒業論文をより充実したものにします。近年は韓国、中国、タイ、アメリカ、イタリアなどで政治、歴史、芸術、文化など幅広いテーマで調査研究を行っています。

「社会調査士」の資格取得も

  所定の科目を受講して必要な単位を取れば、「社会調査士」の資格を取得でき、就職活動の際にも役立ちます。

Voice

岩城 百花さん
国際文化学部国際文化学科4年

興味のある分野を突き進んで学べる。「好奇心」が学びの原動力です。

 国際文化学科は学問の分野がとても多彩です。なかでも、1年次の「文化のダイナミズム」という授業では、多くの先生から国内外の文化について色々な話を聞くことができ、自分が掘り下げて学びたい分野を発見することができます。現在私は日本文化コースを専攻し、「現代のポピュラーカルチャー」について研究しています。研究者や参考資料が少ないため、何かと難航しがちですが、好きなことを追究できる楽しさが原動力になっています。

"私 x 西南

大学の勉強は、受け身では何も得ることができません。
自分で動いてこそ、価値ある学びが得られると思います。
また、それを応援してくれる先生がいるのが
西南学院大学の良さ。
興味のある分野をとことん追求する面白さを
ぜひ本学で実感してほしいです。

自分の道を切りひらき、
希望する未来をつかんだ先輩たち。

西南学院大学では様々な就職支援プログラムを展開し、
学生一人ひとりの就職活動をきめ細かくサポートしています。
先輩の就職活動体験からあなたの未来につながる道がみつかるはずです。

VOICE 内定者の声

広告制作の講座やインターンシップに参加。現場を体験したことが強みになりました。

岡田 優佳子

内定先
大手広告代理店
岡田 優佳子 さん
国際文化学部国際文化学科4年
(2016年12月時点)

 高校時代から広告の仕事に興味があり、大学3年次から本格的に広告制作の勉強を開始。外部の広告制作を学ぶ講座に通ったり、広告制作会社でインターンシップを経験したり、広告制作の現場を体験する機会を自分でつくるようにしました。広告づくりの大変さと楽しさを体験できたおかげで志望動機がより明確になり、内定に結びついたと思います。

Support item

金の鉛筆

「コピーライター養成講座」で上位に選ばれた時にもらった「金の鉛筆」。広告業界へ進む自信になりました。

Questions

6つのコースの違いは何ですか?

1つの地域を追究するか、文化の違いを探るか、芸術面に特化するかの違いがあります。
「日本」「中国・アジア」「アメリカ・太平洋」「ヨーロッパ・地中海」から1つの地域を中心に学ぶ4コース、地域ごとの文化の違いを探る1コース、芸術面に特化した1コースがあります。

語学の勉強は充実していますか?

10言語の履修が可能です。
英語、中国語、ドイツ語、フランス語、韓国語から2カ国語が必修。さらにスペイン語、ロシア語、タイ語、イタリア語、ラテン語も学ぶことができます。

取得資格・進路

取得できる資格

  • 中学校教諭一種(社会)
  • 高等学校教諭一種(地理歴史・公民)
  • 学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 社会調査士

卒業後の進路

教職や博物館学芸員の資格を取ると、中・高の教員、博物館・美術館の学芸員になることができます。そのほかには公務員、マスコミ、旅行会社、金融、商社、航空会社、出版社、情報産業、国際協力機関など、卒業生は幅広い分野で活躍しています。最近では、大学院に進学、海外の大学に留学するなど、研究生活を続ける学生が多くなってきました。