西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Seinan, Be True to Christ

Faculty of Economics 経済学部・国際経済学科

幅広い知識と語学力を
ベースにして、グローバル経済を生き抜く人材に。

 変化する国際社会、グローバル化が加速するビジネスの世界において、国際的な経済活動の仕組みや実態を理解することは非常に重要です。国際経済学科では、世界のさまざまな国や地域で生じる諸問題を分析し、その対処法を立案する力を育みます。それとともに、歴史・伝統・習慣・文化・宗教などの異なる諸国との交流に役立つ語学を学ぶことで、国際感覚を養成します。
 カリキュラムでは、少人数教育を実践。国際経験が豊かな教授と対話する中で、本やテキストでは得難い実践的な知識や思考力を身に付けることができます。このような学びは、世界や日本で生じている問題で苦しんでいる人々に寄り添いながら、具体的な解決策を共に考える「Warm Heart〜温かい心」を涵養することにも結びついています。

こんな人に学んでほしい
  1. 基礎学力を身に付け、社会問題を分析する能力を持ち、国際経済学科への入学を強く志望する者。
  2. 現代世界で起きているさまざまな政治的・経済的・社会的な諸問題に関心を持ち、語学力を基にその解決を目指そうとする意欲を持った者。
  3. 日本や世界の歴史・伝統・文化を理解し、海外経験を通じて国際的な教養を身に付けたいと強く望む者。

身に付けられる力

  1. 経済学の基本的知識と特有の思考法を基礎とした、現代社会を生き抜く能力。
  2. 社会における重要問題の所在を自ら発見し、それに関して必要となる事項を自ら調べる能力、そして、その結果を簡潔かつ明瞭に報告し、さらに問題に的確に対処できる能力。
  1. 社会の変動を正確に理解し、その展開過程に積極的に参画する能力。
  2. 語学力を基礎とした幅広い国際感覚を養成することによって、社会の国際化に寄与できる能力。

ZOOM IN カリキュラム

資源経済論

世界のエネルギー資源、特に石油および天然ガスの生産・消費国における経済動向のこれまでの歴史や現状を踏まえ、それら諸国の経済が直面している課題や今後の展望について、それら資源の貿易動向や各国・地域における特徴をもとに、石油輸出国機構(OPEC )、液化天然ガス(LNG )などと関連付けて学修します。

世界経済論

古典的な貿易論、開発経済学の知見と政策思想の変化、最新の国際分業の分析枠組み、そして国際通商制度の過去と現状についても学びながら、世界経済の構造を主に生産・貿易・投資の面から理解し、今後を展望する視座を身に付けることを目的にしています。

学科の学び TOPIC

国際キャリア演習

 経済学部は、2019年度「国際キャリア演習」を開講しました。受講生は事前講習として、現地の政治・経済状況や異文化コミュニケーションを学び、また、オンライン英会話の受講によりスピーキングスキルを高めました。受講生は、夏季休暇中に 2〜4週間の日程で海外ボランティアまたは海外企業研修などのため、米国・タイ・カンボジアに滞在しました。帰国後、その体験を今後の人生に活かすことを学ぶライフデザイン講座や、活動内容をまとめるためのプレゼンテーション・レポート作成指導を受けます。さらに英語検定試験の受験など多彩な学習機会を通じて、社会に貢献できる力を養います。


Voice

太田 勇紀さん
経済学部国際経済学科3年(大分県・大分県立大分上野丘高等学校出身)

経済に関する多様な知識を修得し、
多角的な視点を手に入れることができます。

 高校生のとき訪れたベトナムで、力強く生きる現地の人々に衝撃を受けました。ベトナムは生活水準が決して高いとはいえない国です。日本の方が経済力としても上にもかかわらず、日本にいるときよりも現地の人々から活気を感じました。この人たちとより深く交流できるようになりたい、活き活きと循環している経済の根源を知りたいと考えていました。そこで、経済論や経済史、少人数制の語学など、世界の経済の現状、それに絡む知識や語学を修得できる西南学院大学国際経済学科に入学を決めました。さらに西南学院大学には外国の文化に触れられる場や、身に付けた語学を試すことができる環境がすぐそばにあります。自分次第でさまざまな課題に挑戦できる環境は最大の魅力です。

自分の道を切りひらき、
希望する未来をつかんだ先輩たち。

西南学院大学では様々な就職支援プログラムを展開し、
学生一人ひとりの就職活動をきめ細かくサポートしています。
先輩の就職活動体験からあなたの未来につながる道がみつかるはずです。

VOICE 内定者の声

世界経済を熟知し語学力を身に付け
グローバルに活躍する社会人に成長。

大須賀 将人

内定先
飲料・たばこ・飼料製造業 内定
大須賀 将人 さん
経済学部国際経済学科4年(2019年12月時点)
( 福岡県・東福岡高等学校出身 )

 アメリカの経済学を中心に研究し、世界経済を深く追究しました。語学面の授業も充実していて、在学中に TOEIC®の 点数も大幅にアップ。仲間と共に高め合う充実した学修環境のもとで、幅広く国際的な教養力が身に付いたと感じています。就職活動では最終的に、グローバルに事業を展開するJT を選択。西南学院大学で得たグローバルな考え方を武器に、世界的な舞台で活躍していきたいです。

Support item

“パソコンと時計”

就職活動の際は企業についてのまとめが2万字を超えることも。 つい時間を忘れて没頭するので時計も必須アイテムでした。

Questions

経済学科と国際経済学科の学びの違いは何ですか?

世界経済をより深く、重点的に学ぶのが国際経済学科です。
世界経済の仕組みを理解し、国際的な問題の解決策を考える学びを重視しています。その基礎として、経済学科と共通の経済学全般を学びます。

英語を使った授業はありますか?

英語で経済学を学ぶ授業が1年次からあります。
「経済英語Ⅰ」「経済英語表現Ⅰ」「Problem Solving Skills for Global IssuesⅠ」など英語で経済記事や論説を読み考える力を養う授業が1年次から設定され、実践的な英語力を身に付けられます。

学科個別サイト

学科の詳しい情報は、学科個別サイトをご覧ください。

取得資格・進路

取得できる資格・免許

  • 中学校教諭一種(社会)
  • 高等学校教諭一種(地理歴史・公民)
  • 学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員

卒業後の進路

 国際経済学科で身に付ける世界各国・各地域の経済や世界全体の今後を展望する能力、世界経済から日本経済を見る力は、海外で活躍したい人だけではなく、日本で活躍したい人にも役立ちます。現在、多くの卒業生が専門知識や語学力を活かして、金融・保険、流通、製造、運輸など、さまざまな分野で日本と世界を舞台に活躍しています。

学部・大学院