西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Seinan, Be True to Christ

Department of Economics 経済学部・経済学科

“Cool Head, but Warm Heart”.
今、社会で求められる論理的思考力と温かい心を育む。

 企業がモノやサービスを生産し、家計がそれらを消費するという経済活動で私たちの暮らしは成り立っています。経済学部経済学科では、経済の動きを論理的に理解し、社会の問題に対して自分なりの解決策を打ち出せる人材を育成します。カリキュラムでは基本的な知識を修得した後、関心に応じた3つの専門コースが用意されています。その過程で経済学への理解を深め、論理的思考力と問題解決能力を養います。また、修得した知識や能力を正しく活かすには、より良い社会を目指すという視点が必要です。イギリスの経済学者アルフレッド・マーシャルの言葉にも「経済学者は冷静な頭脳と温かい心を持たねばならない」とあります。経験豊かな教授陣のもと、多くの人の助けとなる解決法を見い出せる温かい心も育みましょう。

こんな人に学んでほしい
  1. 基礎学力を身に付け、社会問題を分析する能力を持ち、経済学科への入学を強く志望する者。
  2. 現代世界で起きている様々な政治的・経済的・社会的な諸問題に関心を持ち、論理的な判断力をもってその解決を目指そうとする意欲を持った者。
  3. 日本や世界の歴史や現状に強い関心を持ち、未来を展望する視点を持つ者。
  4. 他者と協働で活動を成し遂げ、社会に貢献しようとする姿勢を持つ者。

身に付けられる力

  1. 経済学の基本的知識と特有の思考法を基礎とした、現代社会を生き抜く能力。
  2. 社会における重要問題の所在を自ら発見し、それに関して必要となる事項を自ら調べる能力、そして、その結果を簡潔かつ明瞭に報告し、更に問題に的確に対処できる能力。
  1. 社会の変動を正確に理解し、その展開過程に積極的に参画する能力。
  2. 日本と地域社会を中心とした経済の仕組みの論理的構造と実態とを理解する能力。
  3. 種々の経済社会問題に対する実践的解決法を見出す能力。
学科の特色

ZOOM IN カリキュラム

ミクロ経済学Ⅰ

 ミクロ経済学では、さまざまな経済現象を個々の経済主体(消費者、企業)の行動から解明し、その結果実現する状態の良し悪しを国民一人ひとりの利害関係をもとに判断します。「ミクロ=微視的」経済学という名前がついているのは、このように経済を構成する個々の経済主体を詳しく分析するからです。

経済思想史

 「人間社会の豊かさとは何か」をめぐるA.スミス、ベンサム、J. S.ミル、マーシャル、ケインズらの偉大な経済学者の学説について平易に解説します。同時に、経済的満足・効用・幸福、貧困・格差、人的資本などの概念について、現代経済学(ミクロ・マクロ)が暗黙に想定してきた理想社会像について学びます。

学科の学び TOPIC

チューター制度(向学相談)

 向学相談では、学生をチューターとして雇用、新入生の学習サポートを行っています。今年度は、経済学の基礎理論である「ミクロ経済学」を中心に、チューターが理論習得のテクニックを伝授したり、レポート課題の添削やアドバイスをしたりと、新入生の良きアドバイザーになっています。新入生は向学相談をきっかけとして、研究方法や学習ペースを体得するだけではなく、勤勉な先輩と触れ合うことで、これからの大学生活における目標や励みを見つけることになるでしょう。また、チューターは後輩に教えることで、経済学の知識がより深く理解でき、さらには伝える力も向上します。チューター業務を通じて、大きく成長することが期待されます。


Voice

小田 菜々子さん
経済学部経済学科3年

日本が抱える社会問題をどう解決するか?
自分の頭で考えることで、社会の見え方が変わった。

 経済は私たちの暮らしに欠かせないものです。その知識を得ることで自分の暮らしを含めた社会全体を広く理解したいと考え、経済学科へ進学しました。現在、興味を持って学んでいる「社会政策」では、年金や生活保護などの制度を学ぶ中で、それらの背後には高齢化や貧困などの社会問題が存在することを知りました。また、同じ社会問題について、先生方がそれぞれの専門分野から多様な解決策を見い出しており、視点を変えて社会全体を見渡すことに学びの面白さがあると感じました。それからは、ニュースで耳にする社会問題を、単なる知識としてインプットすることで終わらせず、自分で解決策を考えアウトプットすることが習慣に。学びの手応えを実感しています。

自分の道を切りひらき、
希望する未来をつかんだ先輩たち。

西南学院大学では様々な就職支援プログラムを展開し、
学生一人ひとりの就職活動をきめ細かくサポートしています。
先輩の就職活動体験からあなたの未来につながる道がみつかるはずです。

VOICE 内定者の声

大学の企業説明会を有効活用したことで、
スムーズに志望の業界対策を進められました。

吉岡 悠太

内定先
都市銀行
吉岡 悠太 さん
経済学部国際経済学科4年
(2018年12月時点)

 就職活動では、自分の進みたい業界を絞るため、大学主催の企業説明会に毎回参加。ここで様々な業界の話を効率良く聞けたことで、早めに金融業界に的を絞ることができ、対策を着実に進めることができました。内定を頂いたポイントは、自然体で面接に臨めたこと。事前に用意した言葉ではなく、その都度質問に向き合い、素直な言葉で答えたことで、ありのままの自分を評価してもらえたと思います。将来は、銀行員として海外でビジネスを展開する企業をサポートすることが目標です。

Support item

西南オリジナル手帳
“就職活動ハンドブック”

企業説明会や採用試験などのスケジュールを管理。就職活動に役立つ情報も満載で、この手帳のおかげで厳しい就職活動を乗り切ることができました!

Questions

西南学院大学経済学部の特徴を教えてください。

現実の社会問題を経済学の視点で学べ、語学教育も充実しています。
財政や医療など現代社会が抱える問題を経済的視点で分析する力を習得。さらにグローバル化に対応し、語学教育も充実しています。

数学はどのような授業で必要になりますか?

ミクロ経済学、マクロ経済学、統計学、計量経済学の授業で必要です。
経済学の基礎であるミクロ経済学、マクロ経済学、統計学、計量経済学で数学が必要ですが、基礎的な知識があれば、問題ありません。

学科個別サイト

学科の詳しい情報は、学科個別サイトをご覧ください。

取得資格・進路

取得できる資格・免許

  • 中学校教諭一種(社会)
  • 高等学校教諭一種(地理歴史・公民)
  • 学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員

卒業後の進路

経済学はどんな分野にも関連し、就職の上でも強みとなります。卒業生には金融、保険、卸・小売、製造関係への就職が多く、そのほか、製薬・放送・自動車ディーラー・農協・通信・新聞・運輸・出版など幅広い分野で活躍しています。一方で、公務員、教員、税理士、公認会計士を目指す学生も多く、大学の授業と並行して受験勉強に日々励んでいます。