教育・研究推進機構 | 西南学院大学

西南学院大学 ホームへ


外部助成

科研費

科研費2008年度

科学研究費補助金(研究代表者)

基盤研究(C)
商学部教授 史 一華
研究課題名 Webサービスによる広域仮想学習環境に関する研究
研究期間 2006(平成18)年4月1日~2009(平成21)年3月31日
基盤研究(C)
経済学部教授 新谷 正彦
研究課題名 擬似パネルデータ利用によるインドネシア農家家計の貧困要因に関する数量的研究
研究期間 2006(平成18)年4月1日~2009(平成21)年3月31日
基盤研究(C)
法学部教授 仙石 学
研究課題名 EU加盟後の中東欧諸国の政策変容の比較分析
研究期間 2006(平成18)年4月1日~2009(平成21)年3月31日
基盤研究(C)
商学部教授 土方 久
研究課題名 大航海時代の到来によって変化する取引形態と、16世紀の複式簿記の対応に関する研究
研究期間 2007(平成19)年4月1日~2010(平成22)年3月31日
基盤研究(C)
文学部准教授 三宅 敦子
研究課題名 ディケンズとギッシングの小説における階級意識表象としてのインテリアの分析
研究期間 2007(平成19)年4月1日~2009(平成21)年3月31日
若手研究(B)
経済学部准教授 島田 竜登
研究課題名 18世紀におけるアジアの国際分業とオランダ東インド会社のアジア間貿易
研究期間 2006(平成18)年4月1日~2009(平成21)年3月31日
若手研究(B)
国際文化学部准教授 松原 知生
研究課題名 共和制崩壊前後のシエナにおける宗教イメージに関する包括的研究
研究期間 2006(平成18)年4月1日~2009(平成21)年3月31日
若手研究(B)
法学部准教授 釜谷 真史
研究課題名 外国判決に対する異議申立に関する立法論提言のための比較法的抵触法的研究
研究期間 2007(平成19)年4月1日~2009(平成21)年3月31日
若手研究(B)
法学部教授 勢一 智子
研究課題名 環境行政法における費用負担の法理と手法―日独比較法研究を中心として
研究期間 2008(平成20)年4月1日~2011(平成23)年3月31日
若手研究(スタートアップ)
国際文化学部准教授 西村 将洋
研究課題名 近代日本文学・文化のジャポニズム受容に関する総合的研究
研究期間 2007(平成19)年4月1日~2009(平成21)年3月31日
新学術領域研究(研究領域提案型)
経済学部教授 上垣 彰
研究課題名 持続的経済発展の可能性
研究期間 2008(平成20)年12月5日~2013(平成25)年3月31日

科学研究費補助金(研究成果公開促進費)

学術図書
経済学部教授 小出 秀雄
刊行物の名称 資源循環経済と外部性の内部化
期間 2008(平成20)年4月1日~2009(平成21)年3月31日

科学研究費補助金(研究分担者)

特定領域研究
法学部准教授 釜谷 真史
研究組織 研究代表者 :大杉 謙一(中央大学)
研究課題名 国際的企業活動における外人法上の規制の会社法・国際私法の観点からの比較法的研究
研究期間 2004(平成16)年4月1日~2010(平成22)年3月31日
新学術領域研究
経済学部教授 上垣 彰
研究組織 研究代表者 :田畑 伸一郎(北海道大学)
研究課題名 『ユーラシア地域大国の比較研究』に関する総括
研究期間 2008(平成20)年4月1日~2013(平成25)年3月31日
萌芽研究
人間科学部教授 野口 幸弘
研究組織 研究代表者 :園山 繁樹(筑波大学)
研究課題名 自閉症児者のサヴァン・スキルの探求と行動問題の改善に関する研究
研究期間 2007(平成19)年4月1日~2010(平成22)年3月31日
基盤研究(A)
経済学部教授 上垣 彰
研究組織 研究代表者 :六鹿 茂夫(静岡県立大学)(全8名)
研究課題名 黒海地域の国際関係-4次元分析による学際的総合研究
研究期間 2008(平成20)年4月1日~2012(平成24)年3月31日
基盤研究(A)
経済学部教授 上垣 彰
研究組織 研究代表者 :林 忠行(北海道大学)(全16名)
研究課題名 旧ソ連・東欧地域における体制転換の総合的比較研究
研究期間 2005(平成17)年4月1日~2009(平成21)年3月31日
基盤研究(A)
経済学部教授 上垣 彰
研究組織 研究代表者 :田畑 伸一郎(北海道大学)(全5名)
研究課題名 ロシア資本主義と資金循環
研究期間 2005(平成17)年4月1日~2009(平成21)年3月31日
基盤研究(A)
法学部教授 仙石 学
研究組織 研究代表者 :林 忠行(北海道大学)(他15名)
研究課題名 旧ソ連・東欧地域における体制転換の総合的比較研究
研究期間 2005(平成17)年4月1日~2009(平成21)年3月31日
基盤研究(A)
法学部教授 仙石 学
研究組織 研究代表者 :家田 修(北海道大学)(他7名)
研究課題名 東欧のコミュニティ形成と地域公論及び広域公共財
研究期間 2006(平成18)年4月1日~2009(平成21)年3月31日
基盤研究(A)
法学部教授 松隈 潤
研究組織 研究代表者 :黒田 一雄(早稲田大学)
研究課題名 教育の国際援助・交流・連携に関する政治経済学的探究―「国際教育政策学」の構築を目指して
研究期間 2008(平成20)年4月1日~2009(平成21)年3月31日
基盤研究(B)
商学部准教授 齋藤 靖
研究組織 研究代表者 :城山 英明(東京大学)
研究課題名 連携ガバナンスにおける社会的合意形成と連携マネジメント
研究期間 2006(平成18)年4月1日~2009(平成21)年3月31日
基盤研究(B)
法学部准教授 遠藤 美奈
研究組織 研究代表者 :竹中 勲(同志社大学)
研究課題名 21世紀高齢・少子社会の法システムに関する公法学的実証的研究
研究期間 2006(平成18)年4月1日~2009(平成21)年3月31日
基盤研究(B)
法科大学院教授 横田 守弘
研究組織 研究代表者 :竹中 勲(同志社大学)
研究課題名 21世紀高齢・少子社会の法システムに関する公法学的実証的研究
研究期間 2006(平成18)年4月1日~2009(平成21)年3月31日
基盤研究(B)
商学部教授 福浦 幾巳
研究組織 研究代表者 :河崎 照行(甲南大学)
研究課題名 サイバースペース社会と財務会計・税務会計のパラダイム・モデルに関する総合研究
研究期間 2007(平成19)年4月1日~2010(平成22)年3月31日
基盤研究(B)
法学部教授 古賀 衞
研究組織 研究代表者 :吉井 淳(明治学院大学)
研究課題名 現代海洋法制度の動態的分析とその理論的再構成―法史的分析をふまえて
研究期間 2007(平成19)年4月1日~2010(平成22)年3月31日
基盤研究(B)
国際文化学部准教授 松原 知生
研究組織 研究代表者 :喜多崎 親(一橋大学)
研究課題名 近代西欧に於ける「ラファエッロ以前」問題の研究
研究期間 2007(平成19)年4月1日~2010(平成22)年3月31日
基盤研究(B)
経済学部教授 花田 洋一郎
研究組織 研究代表者 :岡崎 敦(九州大学)
研究課題名 西欧中世文書の史料論的研究
研究期間 2008(平成20)年4月1日~2012(平成24)年3月31日
基盤研究(B)
経済学部准教授 島田 竜登
研究組織 研究代表者 :櫻木 晋一(下関市立大学)
研究課題名 寛永通寳の生産と流通―東アジア銭貨の共時性を視座に―
研究期間 2008(平成20)年4月1日~2012(平成24)年3月31日
基盤研究(B)
人間科学部准教授 門田 理世
研究組織 研究代表者 :秋田 喜代美(東京大学大学院)
研究課題名 幼児教育から小学校教育への移行過程の検討
研究期間 2007(平成19)年4月1日~2011(平成23)年3月31日
基盤研究(B)
人間科学部教授 松永 裕二
研究組織 研究代表者 :嶺井 明子(筑波大学)
研究課題名 ポストソ連時代における中央アジア諸国の教育戦略に関する総合的比較研究
研究期間 2008(平成20)年4月1日~2011(平成23)年3月31日
基盤研究(C)
人間科学部教授 磯 望
研究組織 研究代表者 :黒木 貴一(福岡教育大学)
研究課題名 人工衛星データによる斜面特性の評価の詳細研究
研究期間 2006(平成18)年7月1日~2009(平成21)年3月31日
基盤研究(C)
神学部教授 寺園 喜基
研究組織 研究代表者 :冨吉 建周(九州産業大学)
研究課題名 和解の倫理学としての滝沢克己の後期思想の総合研究
研究期間 2007(平成19)年4月1日~2009(平成21)年3月31日
基盤研究(C)
法学部准教授 釜谷 真史
研究組織 研究代表者 :多田 望(熊本大学)
研究課題名 電子化されたB/L・証券・債権の権利移転等に関する抵触法モデルの比較研究
研究期間 2007(平成19)年4月1日~2009(平成21)年3月31日
基盤研究(C)
人間科学部准教授 中里 操
研究組織 研究代表者 :益満 孝一(九州看護福祉大学)
研究課題名 東アジアからのケアワーカー導入に際する異文化意識緩和にむけた福祉実習教育の方法
研究期間 2007(平成19)年4月1日~2009(平成21)年3月31日

ページの先頭に戻る


〒814-8511 福岡市早良区西新6-2-92 西南学院大学 教育・研究推進課 suishin<at>seinan-gu.ac.jp
このサイトは西南学院大学が全ての著作権を保有しています。