各位

今年度より開始したSeinan Millennial Projectに採択された、法学部第三国家試験準備室より、『国際法模擬裁判大会ジャパンカップ紹介』のイベントのご案内が届きました。
この団体は、Seinan Millennial Projectのテーマのひとつである「国際社会への貢献」に沿い、大学で学んでいる国際法の知識や適用の方法、弁論の技術について、より高次で実践的な力を身に付けることができるよう、学外で開催される国際法の模擬裁判大会に出場しました。出場後も、国際法の学びを継続しています。
詳細は、以下の案内文及びファイルをご覧ください。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
      【第三国家試験準備室:国際法模擬裁判大会ジャパンカップ紹介】

皆様こんにちは。
第三国家試験準備室に所属する法学部国際関係法学科2年の宮本と申します。
我々が参加した「国際法模擬裁判大会ジャパンカップ」について紹介するイベントをご案内致します。

法学部公認サークルとして活動している第三国家試験準備室は、外交官をはじめとして国際社会で活躍できる学生を輩出することを目的として、国際法を学ぶ勉強会を定期的に開催してきました。それと並行して、今年7月に東京の国立オリンピック記念青少年総合センターで行われた国際法模擬裁判大会に参加しました。
今回のイベントでは、この大会に向けての準備から大会当日までの流れ、大会形式を紹介したあと、実際に模擬裁判の1部をロールプレイを通して皆様にご紹介します。

今回、取り扱う内容は、【海洋での難民保護等】の問題についてです。模擬裁判がどんなものなのか想像がつかない方、国際法上でこの問題がどう取り扱われるのか、難民保護と国家の安全保障の価値の対立などに興味がある方、国際法や模擬裁判に興味を持ち参加してみたい方、他大学の学生と交流する意義について知りたい方は、是非来てみてください。
 
日時:10月30(水)4限(15:20~17:00)*途中参加、途中退室可能です。
場所:図書館1階プレゼンテーションエリア
連絡先:法学部国際関係法学科2年宮本ひかる s22am043@seinan-gakuin.jp