各位

法学部根岸ゼミより「AI・eスポーツ・3Dプリンタから考える国際人権法」について、案内が届きました。
*2018年度教育・研究推進機構による、教育支援プログラム(B)制度にて支援した取組『人間の尊厳を守るための平和教育-模擬裁判とロールプレイを通した人権人道規範の体得と普及』に関連するものです。

詳細は以下をご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------------------
『人間の尊厳を守るための平和教育-模擬裁判とロールプレイを通した人権人道規範の体得と普及』(昨年度に西南学院大学教育支援プログラムBに採択)の一環として、下記の要領で国際法模擬裁判イベントを開催致します。

今回のイベントでは、人権普及に尽力したネルソン・マンデラの名を冠した大会問題文(2019年)を素材として、「AI・eスポーツ・3Dプリンタから考える国際人権法」と題した報告会を行います。高度な技術が開発されて我々の生活が便利になり潤うなかで、機械に身を委ねて知らず知らずのうちに人の尊厳が蝕まれることが懸念されています。いずれも表面的に考えただけでは答えの出ない「価値と価値の対立」、いわば「生きた問題」が含まれています。

今回のイベントでは、模擬裁判それ自体の実演ではなく、学生たちが大会問題文をより身近な生活に置き換えてプレゼンを行い、参加者のみなさんとのディスカッションを通じて問題の「発見」を一緒に行なっていきます。そのうえで、発見した問題を国際人権法の専門的な見地からどのように「解決」できるかについて、実際に模擬裁判大会に向けて作成した書面(メモリアル)の要約を配布して、みなさんの今後の勉強への手がかりを示す予定です。国際社会で何が起きているか・人権が世の中にどのように役立っているのかを知りたい、そう思う方々は、ぜひ立ち寄って学生たちの努力の結晶に触れてみて下さい。

2019年度ネルソン・マンデラ模擬国際人権裁判イベント
日時:7月3日(水)15:20~16:30
場所:図書館1階プレゼンテーションエリア
問い合わせ:法学部 根岸陽太 ynegishi@seinan-gu.ac.jp

(ご参考:ゼミ活動レポート(ICRC模擬裁判大会)
-------------------------------------------------------------------------------------