西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Seinan, Be True to Christ

大学概要

TAOMOTO YOSHIE 垰夲 佳恵 教育支援部 教務課

2015年4月 新卒採用

建学の精神を大切に成長する

現在の職務内容と職場の雰囲気について教えてください

 教務課では、学生の修学活動に関する事項全般を取り扱っています。私の主な担当職務は、
(1)神学部・国際文化学部担当(担当学部の時間割編成、履修指導、卒業判定、教授会の書記など)、
(2)定期試験担当(全学生の試験時間割作成、試験実施教室の調整など)、
(3)博物館学芸員課程担当(資格説明会や履修指導、学外の博物館等への実習依頼など)です。
 教務課員は、それぞれが学生の卒業や資格取得に関する職務を複数担っています。その分、責任はありますが、重要業務を任される事でやりがいを感じられますし、大学教育の根幹に関する知識を沢山得る事ができます。また、困った事やわからない事があればすぐに同僚がサポートをしてくれるので、安心して働ける雰囲気です。

今の仕事のやりがいは何ですか?

 日々の業務を通して、沢山の学生の成長を見られる事がやりがいです。学生とは入学当初から履修指導や修学相談等を通して関わり、その過程で、一人一人の考え方の変化や精神的な自立、成長を間近で感じる事ができます。また、自分のサポートに対して、学生から感謝の言葉や「西南学院でよかった。」という言葉をいただく事もあり、私のモチベーションに繋がっています。
 また、毎年、卒業式の日に笑顔でそれぞれの道へ飛び立つ姿を見ると、とても嬉しく晴れやかな気持ちになります。今後、学生と直接関わる事のない部署に異動する事もあるかと思いますが、このような教務課での経験を糧に、“学生、生徒、児童、園児のため”という思いをいつまでも大切にして働きたいと考えています。

あなたが目指す職員像は?

 「建学の精神に基づき、組織の中核を担う職員」を目指しています。具体的には、本学院の建学の精神、“Seinan, Be True to Christ”に基づき、どんな時も隣人(周囲の人)を愛し、より良い教育(保育)を追及できる職員でありたいと考えています。また、組織の中核を担う存在となれるよう、社会人基礎力の高い職員になりたいと考えています。
 多様化している学生の受け入れと教育、また、大学を取り巻く環境が大きく変化している今こそ、自分自身も成長し、大学が持つ多くの課題に主体的に取り組む事が必要だと感じています。また、「建学の精神に基づき、組織の中核を担う職員」になる事で、学院の使命とビジョンを達成する一助になりたいと考えています。

皆さんへのメッセージ

 就職活動では、無意識のうちに周囲の人の意見や雰囲気に流されたり、面接で自分をよく見せようとしたりしがちですが、自身の今までを振り返り、これからの人生を考える重要なタイミングだと思います。自分がどのように社会に貢献したいか、また、どのような働き方をしたいかをよく考えてみると、おのずとみなさんの“軸”や“思い”が見えてくるのではないでしょうか。
 また、本学院の採用試験においては、なぜ教育機関・私学・西南学院なのか、また、西南学院で何をしたいのか、を深く考える事が大切です。悔いのないよう、就職活動にじっくりと向き合ってみてください。みなさんと一緒に働ける日を心待ちにしています。

一覧へもどる

大学概要メニュー

院長・学長メッセージ

建学の精神

西南の歴史

教育の特色

西南学院とキリスト教

組織

ロゴマーク・スクールカラー

校歌・応援歌

情報公開

基本方針

西南学院大学の取り組み

採用情報

自己点検評価活動

西南学院グッズ