西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

大学概要

YAMAGUCHI YOSHIKO 山口 佳子 総務部秘書課副課長

2007年4月採用

教育機関としての使命を持って

現在の職務内容と職場の雰囲気について教えてください

 秘書課の業務は主に学校法人西南学院に係る業務を担当する法人係と、大学の業務を担当する大学係に分かれています。私は、大学係で、現在学長と副学長(総務担当)の秘書と学部係を担当しています。秘書業務としては、学長および副学長のスケジュールの把握と調整、学内外関係者との連絡・調整、業務に係る様々な手配や準備を行い、学長及び副学長が重要な任務にあたれるよう、その業務を補佐します。また、学部係としては、学部教授会の開催通知配信や会場の手配等を行い、学部の運営をサポートしています。
 職場の雰囲気としては、各係で情報を共有し、業務への協力体制が出来ており、一体感があります。また、私は子育て中ではありますが、学院には仕事と家庭の両立支援制度があり、また職場も子育てに理解があるので、男性も女性も仕事と家庭の両立が図りやすい職場だと思います。

今の仕事のやりがいは何ですか?

 秘書課の業務は、学生・生徒の支援や教育プログラム等に直接携わる機会が少ないため、教育に携わっているという実感が湧きにくくはありますが、学院のトップマネジメントを補佐する業務を通じて、学院運営に携わっているという実感や充実感があり、それがやりがいでもあります。

あなたが目指す職員像は?

 職員の業務は学生、生徒、児童、園児と直接関わるいわゆる窓口業務もあれば、学院全体の運営を司る本部の業務もあります。しかし、どの業務にあたっていても、建学の精神を基盤に、西南学院創設者であるC.K.ドージャー先生が目指す‟Good school”を造る一員でありたいと思っています。
 そのためには、常に学生、生徒、児童、園児のための学院という視点を持ち、彼らにとってよりよい教育を提供すること、また地域社会においても、教育機関としていかに貢献できるのかを考え、使命を持って業務にあたることができる職員でありたいと思っています。

皆さんへのメッセージ

 様々な業界や業種がある中で、なぜ教育機関なのか、その中でもなぜ西南学院なのか、そして西南学院の職員として何をやりたいのかを改めて考えてみてください。その思いや使命感を現場の業務に活かしてくださることを期待しています。

一覧へもどる

大学概要メニュー

院長・学長メッセージ

建学の精神

西南の歴史

教育の特色

西南学院とキリスト教

組織

ロゴマーク・スクールカラー

校歌・応援歌

情報公開

基本方針

西南学院大学の取り組み

採用情報

自己点検評価活動

西南学院グッズ